ウーマン

保育士を目指すなら大学や短大を卒業して資格を取る

保育士に求められるもの

保育士の女性

高校を卒業するときに保育士を目指し大学へ通う人はたくさんいます。現在保育士になるためには2通りの方法があるのです。1つ目が大学や短大といった保育士養成課程がある学校を卒業して資格を取得する方法です。こちらがスタンダードな方法と言えるでしょう。大学なら4年間でじっくり保育士に必要な知識や技術を学ぶことができます。例えば、ピアノです。大学に通うまでピアノを習っていないという人も多いです。ピアノに限らず楽器で子どもたちとコミュニケーションを取ることができるように工夫を凝らすことが必要です。また、子どもと折り紙をしたり保育所の飾り付けに絵を描いたりすることも保育士の仕事です。そういったものづくりを行なうので、手先の器用さが必要とされます。大学でもそれにちなんだ課題が出されるといいます。可愛いイラストを描くのが苦手であれば、色紙や折り紙で飾りを作るというようにこちらでも工夫が求められます。他には、子どもの心を知るために心理学を勉強します。子どものなかには話すのが得意ではない子もいます。話せないかわりに何らかの行動で示してくれるでしょう。そういった心理を理解して察することが保育士には求められるのです。短大であれば、4年で習う課程を一気に2年間でならうでしょう。早く現場に出たい場合はいいですが、授業のスピードもかなり速くなるでしょう。また、短大のほうが4年制大学より費用が安くなります。保育士の資格を取るもう一つの方法は、保育士資格試験を受けて合格することです。通学の必要がないので通信講座や独学で勉強することができます。費用は抑えられますが、自分で勉強するのはかなり大変です。

安全に業務をするために

ウーマン

衛生管理者は年々取得人数が増えている資格です。なぜなら、50人以上人が働いている事業所では必ず1人以上必要になるからです。職場の安全管理や従業員の健康を管理する大切な職務です。

Read More

情報を集める

保育士

子どもの成長期に触れ合うことができる保育士はとても人気な仕事の一つです。保育士を目指すなら大学や短大、専門学校で資格を取るといいでしょう。オープンキャンパスや資料を請求して学校の情報を集めましょう。

Read More

心理学やリトミックも学ぶ

勉強

幼稚園教諭を目指すなら大学や短大に通う必要があります。そこでは、心理学やリトミックを学び、実際に幼稚園で実習も行なうでしょう。必要な技術と知識を身に付けることで幼稚園教諭の資格が得られるのです。

Read More