女の人

保育士を目指すなら大学や短大を卒業して資格を取る

情報を集める

保育士

小さい子どもと触れ合いたい、子どもの役に立ちたいという思い出保育士を目指す人もいるでしょう。保育士はきつい仕事ではありますが人気の高い職業の一つです。とくに、乳幼児期の子どもは成長が早く数ヶ月でいろいろな変化を見ることができるでしょう。例えば、言葉を話さなかった子が単語を言えるようになったり、座るのもやっとだった子がスムーズに歩くようにったり、子どもが大きく成長する時期なのです。そんな時期の子ども達と触れ合うことができ成長する喜びを感じられるというのが保育士の魅力でしょう。
そんな保育士を目指すのであれば、大学や短大、専門学校に通うといいでしょう。保育士の資格を取るための養成課程がある学校に通い卒業することで保育士としての資格を取得することができます。また、独学や通信講座で勉強して保育士資格試験を取得することもできるでしょう。ただし、後者の場合は実務経験が必要です。大学や短大、専門学校に通うことで、集中して保育士に必要な知識を身に付けることができます。まずは、興味のある学校のパンフレットや資料を取り寄せましょう。その学校がどんなイベントを行なっていて、どんな講座を開いているのか確認ができます。また、夏休みや土日に行なわれるオープンキャンパスも利用しましょう。学校の雰囲気を自分で見て感じることができます。自分に合わない学校かどうか判断する大きなチャンスです。オープンキャンパスへ行ったら、講師や学生と話すことができるでしょう。より多くの情報を集めることができます。保育士になるために必要な環境や就職のサポートが整っているのかも確認しましょう。